クラップスのルールや賭け方を解説【カジノゲーム初心者】 練習

カジノ初心者クラップスをプレイ – 367163

クラップスは2つのサイコロを使い、出目の合計を予想して賭けるゲームです。 日本ではあまり馴染みのないクラップスですが、ランドカジノでは最も盛り上がるゲームの1つとして大変人気があります。 クラップスは、プレイヤー側全員vsカジノ側のような構図になっていて、プレイヤーをはじめ周りの観客も一緒になって楽しめるゲームです。 賭け方の種類は多いですが、3つの基本的な賭け方だけでも十分にクラップスを楽しむことができますよ。 クラップスのルールや賭け方を覚えて、ぜひチャレンジしてみてください。ここではクラップスのルールや賭け方について説明していきます。

🎲一見難しいけど意外と勝ちやすいクラップス

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。 一方、これだけ多くの日本人がラスベガスを訪れるようになった今日においても、このクラップスを本格的に楽しんでいる日本人観光客は極めて少ない。  単独で黙々と遊ぶルーレットやブラックジャックとは異なり、客同士がハイタッチしたりしながら楽しむこのクラップスこそ、最もラスベガスらしい華やかなカジノ体験として良き思い出となるはずなので、もっと日本人にも参加してほしいゲームのひとつである。 それと同時に、このクラップスがカジノゲームの中で 最も勝率の高い (期待値が高い)ゲームである(特殊な条件下でのビデオポーカーなどを除いて)ということも覚えておいていただきたい。特に後述する「オッズ賭け」は、カジノ側の控除率がゼロなので、勝てる可能性が十分にある。 クラップスというゲームは、基本的には サイコロの出る目を当てるだけ の極めて単純なゲームだ。  つまり、ブラックジャックのような「ディーラーの手に対して各プレーヤーが個別に勝負する」という「対戦型」ではなく(したがってクラップスには「自分の手」というものは存在しない)、勝負はただ単にサイコロの目を当てたプレーヤーに対してカジノ側が払戻金を支払うというだけの単純な勝負形式となっている。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

カジノゲームの中でも大人気なのが クラップス (Craps)です。ダイスを使用したゲームですが、プレイヤーが自らダイスを振るということで公平性が保たれることやルールが簡単なところが人気の理由です。 クラップスの発祥地はアメリカと言われていて、そのクラップスの原型となったのは18世紀後半~19世紀全般にイギリスで大流行した「ハザード(Hazard)」というダイスゲームと言われています。 ハザードの2、3、12を表すクラブスという用語がアメリカでクラップスに変化したと考えられていて、19世紀末のアメリカ南部の労働者の間で大流行しました。バンク・クラップスやマネー・クラップスとして広まり、年ジョン・ウィン(J。 Winn)がカジノとシューターのどちらにでも賭けられるシステムにしようとルールを発案。これによって、ディーラーとプレイヤーの片方だけが有利になるようなゲームはできなくなり、勝敗の平等性がとられました。 イカサマが行われにくくなることで、プレイヤーに人気が広まり年にシカゴのカジノで採用されて以来、アメリカカジノで一番人気のあるゲームとなったのです。 ヨーロッパに広がったのは、第二次世界大戦後と言われています。フランスはカジノの本場ですが、クラップスに関しては年に設置されました。 クラップスのルールは、最初に振る人(シューター)が、ダイスを2個同時に振ります。最初にダイスを投げる(1投目)ことを「カムアウトロール」と言います。 投げたダイスの出目の合計によって勝ち、負け、投げ手の交代が決まります。

ディスカッション