外貨両替はインターバンク マカオの街中で両替をしようとした時のトラブル|ドル/ユーロ/ウォンなどの換金・両替 レート 練習

マカオでの両替ドイツのカジノ情報 – 397391

マカオでカジノを体験しよう! おすすめの場所と注意点。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

香港ドルの話をする前に、まずはマカオのカジノに行くための予備知識をおさらいしておきましょう。知っているよ!という方は 「香港ドルの両替方法」 まで飛んでくださいね。 では早速マカオの通貨ですが、冒頭でも話したとおりマカオの現地通貨は「パタカ(MOP)」です。しかし、カジノ内を含め、マカオでは一般的に「 香港ドル(HKD) 」が使用されています。 カジノ内には必ず両替所があり24時間営業ですので、困ったときはすぐ両替できるのは便利ですね。また、街のいたるところに ATM が設置されていますので、日本円から香港ドルへの両替はATMを使うのも良さそうです。詳しくは本記事のこの先で解説しています。 引用元: get4x。

マカオ旅行を検索する

旅行は香港・マカオの計画で、マカオには香港から入国しました。事前に「地球の歩き方」を確認していましたが、マカオはパタカが流通しているものの、カジノ等の盛り場では香港ドルが流通しているため、パタカを持ち込む必要は無いと記載がありました。 しかしながら、心配性の私は少しはあったほうがよいと考え、入国後に外貨両替をしようと計画していました。 そんな計画をしていたところですが、思わない出来事が起こりました。 それは、台風の発生です。香港は台風の通り道に当たるため、そのとき香港からマカオに移動を予定していたフェリーが出港停止になりました。 しょうがないので、少し香港空港に滞在して時間をすごしていると、フェリーがでる情報が入りました。 そこで、フェリーに乗ることが出来ましたが、もうすっかり遅くなってしまいました。 マカオにフェリーで着いたのは、夜遅くなっていたため、予定していた両替所などはすでに閉まっておりました。 しょうがなく、その日はそのままホテルへ移動しました。 翌日、カジノを午前中に楽しみ、午後は市内観光ということで、町並みをブラブラあるいていました。マカオは町並みが古く残っておりとても風情がありました。 そんな町並みをみて歩いていましたが、町並みに見入ってしまっていたため、迷子になりました。 マカオは丘の町なので、丘を何度も越えているうちにお腹がすいてきました。そこで、町にある商店に入り、で水と食べ物を買おうとして香港ドルを出したところ、NOと いわれました。そうです。町なかではパタカしか流通していないため、お店の人からNO,NOといわれ、壁に貼ってある「香港ドルNO」「パタカOK」の文字と紙幣の写真を 指差していました。 しょうがなく私は買い物をあきらめ、再び街中を歩きましたが、どうにもくたびれてしまいました。 とりあえず、丘の上まで出て、町を見下ろて元にきたカジノの場所を探そうとしていたところ、町かなの両替所のような場所を見つけけました。 これはチャンスと思い、お店の人に両替の依頼をしました。お店の人は中国語で私にはなしかけ、しきりに壁に書いてある文字を指して、ダッダッといっていましたが、 私は、空腹の思いだったので、手持ちの少しの香港ドルをお店の人に渡して、パタカへの両替を依頼しました。

ディスカッション