ゴールデンボンバーが登場!「龍が如く」裏話も!東京ゲームショウに行ってきた 産業

ゲームが途中で止まった時東京ゲームショウスロット – 811431

前スレでバンナムとスクエニの全面撮影禁止について書いたものだけど、 昔のゲーム系見本市って、写真撮影はほぼフリーだったし撮ってくれた方が 宣伝になるからうれしいという感じだったと思う。 (ホビー系の見本市で写真撮影が歓迎なのは、その辺のノリが残っているからだと思う)  現在はtwitterやustreamなどで、ほぼリアルタイムでの情報配信ができてしまい、 メディア掲載できるラインの情報であっても、メーカーチェックを通さない情報は、 伝えたくない情報まで流される可能性があるから、きちんと登録しメーカーチェックできる プレス以外の撮影を認めなくなったのだと思う。  スクエニはゲームショー黎明期は写真撮られまくってたのに、 今は他社ブースの写真の端にブースが写っていてもモザイクで修正されるのを見ると、 大手はネットによる情報の湾曲を恐れ相当神経尖らせているんだろうなぁ、と。 せめて個人レベルでのプレス登録ができればいいんだけどね。

プレイスタイルは無限大! 自分だけの冒険譚

らびゅらびゅ東京 PARQUETS SUMMER LIVE (05年8月13日)。 pop'n musicアーティスト大集合4!レポート。 pop'n musicアーティスト大集合3レポート。 pop'n musicアーティスト大集合2レポート。 東京ゲームショウ(9月19日~22日) Xbox用ソフト『カラドリウス』メディア向け試遊会 ジャパンアミューズメントエキスポ(2月15日~16日)。

東京ゲームショウ2006 レポートっ!

幕張メッセ で開催されると、一般の入場待ちは会場のまわりに列を並ばせます。今回は、前回とほぼ同じ時間帯に出発、家を朝5時に出て熊谷から電車に乗り、会場に着いたのが8時30分頃。この状態で、何と列は会場の裏の手前!横に最後尾が来ていました。去年は、同じ時間帯で最後尾は会場の裏だった事を考えると、あきらかに人が多くなっている事が分かります。やっぱり次世代ハードが体験できるとあって、大勢の人がやって来たんでしょうね。 今回の目玉の一つ、 PS3 がある ソニーコンピュータエンタテインメント 。やっぱり気になってる人が多かったせいで、ブース周辺は大混雑。試遊台も結構置いてあったものの、それ以上の混雑でまともに試遊する事ができませんでした…。実は グランツーリスモHD とか フォーミュラー1 とかやってみたかったんだけど、常時30分待ち以上だったため諦めました。 そんな中、奇跡的にプレイできたのが PSP 版 エースコンバットX と リッジレーサーズ2 …両方 ナムコ じゃん…。 エースコンバットX は、これが携帯ゲーム機!? って思わせる程の画面の綺麗さ。動きも60fps出ていると思われる程スムーズな動き。操作性も良い感じで、私が家で PS2 版をやってた時の記憶が蘇る程の出来でした。しかも、ヘッドホンを付けての試遊だったため、音楽もいいし英語を話してくるのもビックリ。何か、携帯ゲーム機って思えない程の出来にちょっと感動。

ディスカッション