カジノの営業再開が現実味、オープンは6月中旬ごろか 産業

ソーシャルゲームラスベガスカジノ – 17705

We polished the Gambino app with some new features, improvements and some bug fixes on our new shiny UI to make your game experience much better。

ソーシャルカジノアプリゲーム「Huuuge Casino」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う各種規制で、ラスベガスが静まり返ってから約2ヶ月。  ここ数週間、感染拡大のペースが弱まりつつあることから(ただし5月12日は新規感染者数が急増)、 「そろそろ良いのでは」 といった規制解除の気運が高まってきており、実際に先週、ネバダ州知事や関係当局などから解禁に向けた指針が示された。 一番の注目は、州知事から発表された 「フェーズ1」 と称される規制解除で、5月9日から 一般のストア、レストラン、ヘアサロン などの営業再開が認められた。  フェーズ1 があるということは フェーズ2 もあるわけだが、フェーズ2はこの先に発表されるであろう第2段階の解除で、 ナイトクラブ、スポーツジム、アミューズメントパーク などが対象となる予定。 それらの規制解除とは別に、読者が最も気にしているであろう カジノ再開業に関するガイドライン もようやく決まったので(先週のこのコーナーで列挙したものとほぼ同じ内容で決着)、以下に、規制解除された業種、まだ解除されていない業種、当初から営業が認められている業種、そしてカジノ再開業のためのガイドラインを一覧に示してみた。 (これらはすべてネバダ州の話であり、他の州においてはこの限りではない。また今後変更になる可能性あり)。 これらのガイドラインが示されたことを受け、各ホテルは再開業に向けて本格的に動き出しており、MGM社は 「今月末か6月初旬には」 、その他のホテルも 「6月には営業再開」 と発表するなど、再開業はいよいよ現実味を帯びてきた。ただ、具体的な日付を明示しているホテルはまだない。  また、5月22日からの宿泊予約を受け付けているトレジャーアイランド・ホテルなど、予約システム上では今月中に営業再開するかのようになっているホテルもあるが、予約システムと実際の営業再開日は別物と考えたほうがよいかもしれない。 というのも、ガイドラインはほぼ決まったものの、従業員が指示通りに職場に復帰するかどうかなど、依然としてくすぶっている難題があるからだ。  地元メディアが報じたところによると、今回のガイドラインは、経営側の都合や希望、そして利用客の満足度や安全を考慮した上での 「ギリギリの妥協の産物」 的なものであり、従業員の希望や安全があまり配慮されていないとの理由で、安全上の観点から職場復帰をためらっている従業員が少なからず存在しているとのこと。  たしかに客室担当のスタッフなどは、宿泊客が残したゴミの片づけ、タオルや枕カバーなどリネン類の交換、バスルームの清掃など、実際の医学的な感染リスクの程度がどうであれ、精神的に不安を感じやすい作業が多いことは事実で、職場復帰をためらうのも無理はない。

Slots™ – ラスベガスカジノスタイルのスロットマシン

検索 画像 Play Gmail ドライブ カレンダー 翻訳 Blogger もっと見る フォト ドキュメント。

カジノ旅ラスベガス編9

髢狗匱閠・・諠・ア

All rights reserved。 Dear players!

ディスカッション