カジノが合法化されている国一覧 産業

オンライン合法ラオスカジノ – 365048

スタディのポイントは、 <調査結果> ・カジノ合法化のベネフィットは明確 -税収、雇用、インバウンド観光の促進、-内国人の周辺国におけるカジノ利用による資金流出を抑止(ベトナム、カンボジアの国境近くのカジノでは80%の顧客がタイ人)、闇賭博の撲滅 ・周辺国(ミャンマー、ラオス)の調査の結果、カジノの社会コストは小さく、経済効果が大きい ・調査対象のタイ国民の大半がカジノ合法化を支持 <提言> ・タイでは、・カジノ運営の透明性を担保し、その収益を社会基盤整備に活用すべき ・カジノへのタイ国民の入場管理・制限の導入。ID提示、年齢・収入レベル・税納付レベルによるスクリーニング、入場料徴収など ・政府はカジノを含む統合型リゾート(IR)の仕組みについての理解を高めるパブリックキャンペーンを行うべき (IRは、カジノ以外に観光、レジャー施設を含み、カジノ面積が占める比率は小さい)。

タイ:アカデミックの分野がカジノ合法化推進を求める IRの有効性は明らか 社会へのPRを

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

現在、日本のカジノ合法化が話題になっていますが、世界中の国では、カジノをどれぐらい合法となっているのか調べてみました。 国によって微妙に違いますが、カジノの対する認識は「悪に繋がる行為」として、ほぼ一致していますが、経済効果・雇用創出などを考え、多くの国で合法化されています。 その数は、実に130ヵ国以上。 更に、まだ日本と同様に非合法の国でも、合法化に向けた法整備が進んでいます。

ディスカッション