ゴルフ規則改定でアマにも“賞金” 勝みなみ「寄付するのはちょっと」 産業

アマチュアからプロへ海外レースカジノ – 740718

お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくは サイトポリシー をご覧ください。

IR*ゲーミング学会

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。

Sanspoスペシャル

スポーツ・ブッキングとは、様々なスポーツの勝敗等を対象とする賭博行為でもあり、欧米諸国では極めてポピュラーな賭け事になる。米国では自然発生的に発生し、既に20世紀初期には、特段法律上認められたわけではないが、かなり広範囲に実践されていたという。20世紀中葉になると、マフィアがこれに着目し、全米で組織化した運営を行っていたという事実もある。年代から70年代にかけて、マフィア撲滅のための様々な連邦法が制定されたが、その後この分野での連邦規制は単発的にしか生じていない。一方年に至り、大学アマチュア・スポーツでスポーツ選手を含む賭け事に関する八百長スキャンダルがあったこと等を契機としスポーツを賭博の対象にすることに対する一部スポーツ団体や民間団体からの反発等が高まり、連邦議会で成立した法律が「年連邦プロ・アマスポーツ保護法」(Professional and Amateur Sports Protection Act of 、通称PASPA法 ないしはブラッドレー法、Title 28 USC Sec )である。これは「アマ・プロの運動選手が参加する競争的スポーツ・ゲームを対象とし、直接的ないしは間接的なロッテリー、くじ、賭け事等を州政府の機関ないしは個人が主催し、運営し、広告したりプロモートしたりすることを禁止する」内容となる。その目的は、州政府が主催するスポーツ・ブックの蔓延を阻止すること、スポーツの廉潔性を保持すること、米国の若者がスポーツ・ギャンブルをする機会をできる限り減少すること等にあった。但し、法は個人が顧客として参加することを禁止しているわけではなく、州政府等がスポーツ・ベッテイングを主催することを禁止しているにすぎない。 最も、年から年迄の間にスポーツ・ベッテイングを認めていたあるいは運営していた州は例外とされ、ネバダ州、オレゴン州、モンタナ州並びにデラウエア州のスポーツ・ブックやスポーツ・プール、スポーツ・ロッテリーがその対象となった。4州のみでは合法だが、他州では違法になるというかなりいびつな連邦法になる(一つの法ができるまでに実践されていた制度は一種の既得権益として認められたもので、かかる考えを英語でgrandfatheringという)。更にこの法律は法発効後1年以内に、既に過去10年以上カジノ・ゲーミングを許諾していた州が州法によってスポーツ・ベッテイングを認める場合には例外として認めるという規定があったが、これを実施した州はいない ニュー・ジャージー州のみを救済するための規定であったが、現実には採用されなかった 。尚、ジャイアライ、競馬、ドッグ・レースはPASPA法の対象ではない。また、連邦司法省は、立法の当初よりPASPA法は州の権利の侵害にあたるとして、継続的に反対という立場を貫き通している。 尚、その後生じたのは、実態面での米国民の合法、違法を問わないスポーツ・ベッテイングへの傾斜でもあり、現実に行われている以上、州法でこれを認知し、旧態依然とした年連邦PASPA法は廃止し、税を課して、新たな財源とすべきという様々な州からの要求である。年デラウエア州は、ほぼ全てのスポーツ・ベッテイングを可能とする法律を通したが、同年、NFL 全米フットボール連盟 , MLB(野球メージャーリーグ), NHL, 全米ホッケー連盟 、NBA 全米バスケットボール協会 , NCAA 全米大学体育協会 等のプロ・アマスポーツ団体は、連邦法違反としてデラウエア州を提訴し、連邦最高裁は、デラウエア州は連邦法違反とした。一方ニュー・ジャージー州は、年11月に、知事がスポーツ・ベッテイングを州内で認める法案に著名した。これはこの法が連邦法に抵触しないことを前提に、ニュー・ジャージー州内でプロ・アマのスポーツに関する賭け事を認めること、但し、その場所はカジノ施設及び競馬場施設に限定するという内容となる。法は現在に至るまで施行されていない。既にNCAAを始めとする様々な団体が反対を表明しており、もしニュー・ジャージー州政府が法の施行を強行すれば、これを阻止すべく訴訟合戦が生じるものと想定されている。一方年2月になり今度はカリフォルニア州上院が、同様の法案を議会に提示(SB号)した。同州では州内で違法なスポーツ・ベッテイングが盛んに行われたり、州民が州境を越え、ネバダ州で消費したりしており、全く州財政にとり恩恵が無いことより、連邦政府が認める限り、賭博ライセンスを保持する主体(カジノ施設と競馬場を含む)の申請によりスポーツ・ベッテイングの免許を与え施行を認め、これに課税するという内容になる。この法案は5月に上院で可決されたが、同年8月下院により否決されている。

アマチュアからプロへ海外レースカジノ – 626623

産経デジタルサービス

ゴルフ界で長く続いてきた「アマチュアは賞金ゼロ」の規則が来年1月1日から変更となる。ゴルフの総本山「R&A」(全英ゴルフ協会)が発表したもので、事前の手続きを踏めば、アマチュアが出場したツアーで獲得できる賞金をチャリティー活動に充てることが可能となる。  日本ゴルフ協会(JGA)では「現時点でこれをどう運用するのか、発表できる段階にない」としているものの、来季から日本でも新ルールが適用される。本人が賞金を受け取るわけではないとはいえ、アマチュアにとっては喜ばしいルールのはずだが、選手たちの反応は微妙なものだった。  14日に都内で行われたJGAナショナルチーム慰労会に出席したアマチュアの勝みなみ(17=鹿児島高2年)は「チャリティーはいいことだけど、プロは賞金を稼ぎに来ているので、それを私が寄付するというのはちょっと…」と困惑気味。これには今季の国内ツアーで活躍した新垣比菜(16=沖縄・興南高2年)もうなずいた。  例えば、勝が優勝した昨年の「KKT杯バンテリンレディス」では、2位のイ・ボミ(27=韓国)が優勝賞金1800万円を獲得。3位以下の選手も実際より1つ上の順位の賞金を手にした。  新ルールにより賞金がチャリティーに回れば、プロ選手の稼ぎが減る。これまでとは違い、プロから賞金をかけて争うライバルとして扱われることに、少なからず不安を感じているのだろう。  男女を通じて国内ツアー開幕戦となる「ダイキンオーキッドレディス」(来年3月、沖縄)には新垣ら多くのアマが参戦予定。新規則により、会場の雰囲気が一変するかもしれない。

ラスベガス大全とは?

まもなくリオデジャネイロ・オリンピック。競技施設などの建設の遅れや運営資金難、さらにはジカ熱問題など不安は少なくないが、開催されることはほぼ間違いないだろう。  日本選手の活躍などが今から楽しみな今回のリオ五輪、実はここラスベガスもこの大会と無縁ではない。なぜなら、 オリンピックを賭けの対象とすること が合法化されたからだ。 ご存じのようにラスベガスのカジノでは、スポーツ競技の勝敗などに対してお金を賭けることができ、実際に大半のカジノ・ホテルにはそのための窓口 「スポーツブック」 が存在している。(このページに掲載されてる写真は各カジノ・ホテルのスポーツブック) 野球、バスケットボール、アメリカンフットボール、ボクシングなどは言うに及ばず、ゴルフ、サッカー、テニス、カーレースなど、ありとあらゆるスポーツが賭けの対象となっている。 ところがこれまで長らくオリンピックは対象外だった。理由は、一般的なプロスポーツとは異なり、無名の選手が多く出場するため過去のデータが少なく、胴元側としてオッズを決めにくいということもさることながら、オリンピックに限らず、 アマチュアのスポーツ、とりわけ個人競技は賭けの対象にすべきではない 、という暗黙の了解があったからだ。  その背景にあるのは 八百長 に対する懸念であることは言うまでもない。アマチュアの場合、特にマイナーな競技種目であればあるほど、実力があっても安定した収入が確約されているわけではなく、日々の生活に困っている者も少なくないとされる。

ディスカッション