アメリカのカジノに挑戦! ラスベガスのおすすめホテルとマナーについて 比較

すすめカジノ南アメリカスロット – 29969

ラスベガスのカジノは、21歳から利用できます。 カジノのドレスコードはありませんが、ハイローラー(賭け金が高額な上客)が多いホテルでは、おしゃれな服装を心がけたほうが良いでしょう。カジノは入場無料で、24時間営業です。

パラ・カジノ・スパ・リゾート / Pala Casino Spa Resort(地図D)

こんにちは。 Compathy Magazine ライターのOkkAです。 ラスベガスといえば最初にカジノを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? カジノの聖地ラスベガスではホテルにカジノが併設されていたり、空港にスロットマシンがあるなど、至るところでカジノに触れる機会があります。 ギャンブルをやらない人はカジノに少し怖い印象があるかもしれませんが、一攫千金を狙わずに節度をもっておこなえばとても楽しめる場所なんですよ。 Compathyログブック(旅行記)『Las Vegas。 カジノで有名なラスベガス。ラスベガスのホテルは全てカジノホテルになっています。ホテルの1階がカジノフロアになっているので、いつでも気軽にカジノに行くことができますよ! 街のレストランなどカジノ以外の施設にもスロットが設置されていることもあり、まさにカジノの聖地です。

種類が豊富なカジノのスロット

現在、急速な勢いで成長しているインディアンカジノ。スパやエンターテインメント設備が整ったカジノも続出している。ラスベガスのカジノに比べ、気軽で身近なところも魅力の1つ。ロサンゼルス近郊の人気カジノを紹介します。 (ライトハウス・ロサンゼルス版 年6月1日号掲載)。

ディスカッション