PAYPAY残高を銀行口座に出金(払い出し)したい 比較

決済方法出金銀行 – 884150

この記事では「アプリ内の残高を現金に引き出せる機能」(以下、出金機能)を持つ6つのアプリを紹介します。また、この機能のほか「アプリユーザー間で無料で送金ができる機能」(以下、送金機能)と「QRコードで決済ができる機能」(以下、QR決済機能)の2つもアプリ選びの基準にしました(6つのアプリともこの3つの機能あり)。QR決済機能については、使える加盟店の数や決済金額に応じたポイント還元の有無でアプリ間に差があるため、理解を助ける目的で、加盟店が多く、ポイント還元がある4つのアプリを「買い物系」、残りの2つを「送金系」とジャンル分けして紹介します。 (本記事内の価格表記は基本的に税込です)。

スマホ決済アプリの出金機能(現金化)とは?

日本の現状との対比として、アメリカではPayPalの子会社が運営しているVenmoが流行。また、中国のWeChat Payの凄さはもはや言わずもがなですが、WeChat Payも個人間送金から始まったサービスであることからもその重要性はわかります。 兎にも角にも、この記事で伝えたいことは1つ。飲み会とかで現金で割り勘するのいい加減めんどくさすぎるので、 どれでもいいからとりあえず使ってみてください! LINE Payは決済などは本人確認をしなくても一定額までは行えます。ですが、送金機能は本人確認後しか使えません。送金のキャンペーンを大々的に行うなど、 国内では最も積極的に個人間送金を広めようとしているアプリ ではないでしょうか。 受け取ったLINE残高は手数料円(税別)で登録してある銀行口座に振り込みも可能 です。 登録できる銀行口座はLINE Payなどの比較すると限られているものの、口座を登録すれば残高の出金は無料 です。しかも 1円単位で出金可能 なのも嬉しい(チャージは円から)。

【手数料・上限・登録】

近年、多くのお店やサービスでキャッシュレス化が進んでいますが、中でもスマホがあれば現金もクレジットカードも必要ないスマホ・コード決済は利用者が増えています。 スマホ・コード決済ならば、支払いが簡単で会計をすばやく済ませる事ができ、ポイント付加サービスも受けられお得です。 さらにチャージされている金額を現金化することもできるのです。ここでは、現金化する方法について紹介します。 方法は2種類あり、「 銀行口座への出金 」と「 ATMでの現金化 」です。 チャージしていた分は随時引き出し可能なため、急にどうしても現金が必要になってしまったときには非常に便利です。 ローソンはコンビニエンスストアの中でも多くのキャッシュレスサービスに対応しています。 ローソンのアプリである ローソンスマホレジ をインストールすることでQRコード決済できます。チャージや出金もアプリ経由で行うことができ、ローソンATMですべての取引が可能になります。 LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら。

スマホ・QRコード決済とは

お支払いされた店舗へご相談ください。解決しない場合は「 お問い合わせフォーム 」からお問い合わせください。 手数料が発生するお取引は以下の通りです。 【入金】 三井住友銀行…1ヵ月に3回まで無料。4回目から1回あたり円(税込)。 楽天銀行…1日に1回まで無料。1日に2回目から1回あたり円(税込)。 現時点でご利用可能な銀行は、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、auじぶん銀行、イオン銀行、千葉銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、愛知銀行、あおぞら銀行、阿波銀行、伊予銀行、SBJ銀行、愛媛銀行、関西みらい銀行、北九州銀行、紀陽銀行、熊本銀行、群馬銀行、京葉銀行、滋賀銀行、四国銀行、七十七銀行、親和銀行、常陽銀行、スルガ銀行、仙台銀行、筑波銀行、東邦銀行、八十二銀行、百十四銀行、広島銀行、福島銀行、北洋銀行、北海道銀行、宮崎銀行、武蔵野銀行、琉球銀行です。 その他金融機関については順次追加していく予定です。

ディスカッション