教えて! 世界のカジノ事情【ドイツ編】 欧州の名門カジノがある温泉地バーデン・バーデン 比較

高級リゾートドイツのカジノ情報 – 971938

世界には様々なカジノが用意されていますが、 ドイツでは品格のあるカジノプレイを楽しむことができます。

世界で最も美しいと言われるカジノ

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 大通りを挟んでクアパークの反対側が、旧市街地区です。北側のはずれにあるコッホブルンネン(Kochbrunnen)は東屋風の飲泉所です。この場所は公園になっており、噴水的モニュメントからも温泉が湧いています。 コップも何もないけれど、「24時間誰でもどうぞ」的なコッホブルンネンは、ナトリウム泉です。たくさん飲めば良いというわけでもなく、1日1L以下、1回最大0。 ヴィースバーデンで自前の温泉施設を持つホテルはわずかです。ビジター利用が可能なカイザー・フリードリッヒ温泉(Kaiser-Friedrich-Therme)は、年以上の歴史がある施設。ユーゲントシュティール様式のエレガントな内部が有名です。 さて、なぜに「勇気を出して」かというと、カイザー・フリードリッヒ温泉では水着を着用せず、しかも混浴なのです(火曜日のみ女性専用日)。ただし、このタイプの温泉は他所でも見られますので、決して特別なスタイルではありません。 レンタルタオルなどもあるので、フラッと行くことも可能です。各種マッサージなどのオプションなどもあります。

その他のおすすめ特集

カジノ 歴史の重みをたたえる華麗なる空間でゲームを カジノはバーデン・バーデンの中心拠点であるクアハウスの中にあります。年以上の歴史をもち、王侯貴族や文化人から愛された保養地の随一の社交の場としての格式を今に伝える空間。豪奢を極めた調度品や装飾の素晴らしさは一見の価値があります。 シャンデリアのきらめきが眩しいガラス張りの空間や、シックな個室などインテリアは多彩。ガーデンと一体となったカジノスペースもあり、レストラン「ザ・グリル」を併設し、他のカジノリゾートでは味わえない独特の雰囲気を醸しだしています。 【ゲーム】 ・ブラックジャック  ・ルーレット  ・ポーカー  ・テキサスホールデムノーリミット  ・アルティメットポーカー  ・スロットマシン 他 【営業時間】24時間 【ドレスコード】なし、男性はジャケット・ネクタイ着用 【入場年齢】21歳以上 【入場料】5ユーロ、スロットエリア1日券1セント。 レストラン クアハウスのカフェやカジノ・レストランに加え 街にも良店が続々 バーデン・バーデンの食の楽しみは実に多彩。カジノ・レストラン「THE GRILL」は細部にまでこだわりが感じられる上質なインテリアで、バーや個室、開放的なガーデンなどいろいろな席が設けられ、さらにカジノという特別な空間が他にない雰囲気を醸し出しています。 また、眺めの良いクアハウスのカフェ、レストランでは、昼も夜もそれぞれの風景を楽しみながら開放的な気分で食事が楽しめます。 さらに、バーデン・バーデンのホテルはそれぞれにクオリティの高いレストランを有し、街を歩けば地元の郷土料理だけでなく国際色豊かなレストランが目白押し。美食家にとっては街全体で刺激的な日々を味わうことができます。 【おもなレストラン】 <カジノ・レストラン> THE GRILL Kaiserallee 1 , Baden-Baden Tel。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

タグ: セレブ リゾート 憧れ。 現地ガイド記事 たびナレ エイビーガール 世界の街角 海外イベント情報。

ドイツ有数の温泉保養地

あなたはどんなカジノに行った事がありますか?世界にはいろんなタイプのカジノがあります。「ギャンブルをする事が大前提」の賭博場の雰囲気丸出しの、ちょっと雰囲気の悪いタイプのカジノだったり、「社交場が大前提」の気品溢れるカジノだったり、中間層が楽しめるエンターテイメント性がある「ちょうど中間のタイプ」のカジノだったり・・・。日本でいろんなパチンコ屋があるのと同じです。 その中でも、ヨーロッパの社交場として、ドイツの温泉保養地「バーデン・バーデン」に、年以上も前に作られたのが、今や「世界で最も美しいと言われるカジノ」と言われる「カジノ・バーデン」です。 カジノには、テーマが異なる4つの部屋に分かれています。 エントランスを入ると最初に訪れるのが、マリア・テレジアとその息子のヨーゼフ2世の絵が壁に掛けられている「オーストリアン・ルーム」。続くのが、白大理石が使われている「ウインター・ガーデン」。その隣の部屋が、最初の写真の部屋「赤の間」である。最後の部屋は、豪華なシャンデリアや石像が飾られた「フローレンスの間」となっている。

ディスカッション