カジノ法案(IR整備法)成立!内容と問題点を弁護士が5分で解説! 比較

日本のカジノ法案アングリーバードスロット – 458301

以下文は、日本史の影の主役藤原氏の正体鎌足から続く1400年の歴史 (PHP文庫) 、武光誠(著) 、藤原氏千年(講談社現代新書) 新書 朧谷寿(著)、ネット等々を参考にしていますが、あくまで素人の一個人が思う一側面で、可笑しな文が多々あるかも知れません。「フィクション」・雑文とします。

2020年01月31日

ギャンブル依存症を生む 公認ギャンブルをなくす会 【なくそう!ギャンブル被害】 「公認賭博」の抑制を求め、ギャンブル被害をなくすよう活動するものです。 posted by inoue at Comment 0 会報。 採らぬ狸の皮算用    11。

「カジノ法案」と言われている時点で失敗 日本でIRが定着しないワケ

IR(統合型リゾート)を設置するためには、誘致を望む都道府県などが事業者と整備計画を作り、国から認定を受ける必要があります。設置できる箇所数は、現時点では 3箇所 に限られていますが、 最初のIRの認定から7年 が経過した時点でその数を増やすかどうかを見直すことになっています。 アメリカのシティグループが、東京・大阪・沖縄にカジノを作った場合の市場規模を試算したところ、その額は 約1兆億円 とされています。また、CLSA(証券会社)は全国12箇所でカジノを作った場合の売上について、 約4兆円 と予測しています。 カジノ施設を含む統合型リゾート(IR)は、複数の機能をもった大規模な複合施設です。そのため、その施設における大量の雇用が見込めます。こちらも試算レベルではありますが、統合型リゾート(IR)では、 1万人程度の数の雇用が見込めるのではないか 、と言われています。 日本には、パチンコや競馬などに代表されるように多くのギャンブルが存在しますが、過大にギャンブルにはまってしまうと ギャンブル依存症 になるおそれがあります。同様のことはカジノについてもいえ、ギャンブル依存症が増加するのではないかということが懸念されます。

2019年12月23日

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。

ディスカッション