予約条件をご確認ください 比較

ポイントの換金方法グランドハイアットマカオカジノ – 800602

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。

初めてのマカオ3日間で観光もグルメもホテルも大満喫!おすすめスポット満載旅行記

まず今のマカオの魅力を"ひとこと"で言い表すとしたら 「ヨーロッパ(ポルトガル)と中国、アメリカ(ラスベガス)を一度に楽しむことができるファンタスティックなワンダーランド」 でしょうか。 東洋と西洋の文化、食、人の交流、共生、そしてその混在した中から生まれたマカオ独自の文化が加わり、味わい深い街を形成しています。そんな刺激的な街に日本からたった4~5時間でたどり着くことができる。これがマカオを訪れる最大のメリットです。さらにマカオの魅力を掘り起こすと、次の3つのポイントを堪能できるといえるでしょう。 マカオというとカジノのイメージがあるかと思いますが、最近日本でも話題の「IR(Integrated Resort/統合型リゾート)」とは、カジノだけを指すのではなく、リゾート、プール、スパ、食事、ショッピング、シアター、ショーなどエンターテインメント、国際会議場、イルミネーションなど、ホテルに滞在するだけで十分楽しめる要素が溢れた統合型リゾートのことを指すのです。実際、マカオに来る観光客はファミリー層、カップル層、企業のインセンティブ旅行等が多いです。IRがそういった観光客層の期待にしっかり応えているということがわかるでしょう。 パタカ(MOPと表記)。 1パタカは約15円(年6月現在)。日本でパタカへの両替は出来ない。マカオでは、空港、ホテル、カジノ等で両替できる。 香港ドルは両替せずそのまま使える(実際には1パタカ=0。 高温多湿の亜熱帯気候。年間平均気温は20度前後、湿度は70~90%とかなり高い。 屋外は暑いがホテルなど冷房が効きすぎることがあるので1枚羽織るものがあると便利。 旅行のベストシーズンは11~2月。 よく「マカオはポルトガルの植民地だった」と思われがちですが、マカオは厳密には植民地支配を受けていたわけではありません。16世紀大航海時代、ポルトガル人のアジアへの進出の目的は、絹や銀、香辛料などの交易とキリスト教(カトリック)布教の拠点を探すことでした。 ポルトガルは暴力的にマカオを制圧したのではなく、中国(明)の倭寇討伐に協力したことから、マカオでの居留権を中国から認められたのが事実です。支配ではなく共生だったのです。その後ポルトガルは19世紀にマカオの行政権を手に入れましたが、あくまで主権は中国にありました。

Grand Hyatt Macau 澳門君悅酒店

日本から気軽にカジノ旅できる国として人気の 「マカオ」 初めての海外旅行で心配なのは、日本語が通じないこと。マカオで日本語や英語対応ができるスタッフが充実しているカジノホテル「グランドハイアット・マカオホテル」を紹介します! 世界レベルの水上ショーも楽しめる高級ホテルを、ぜひチェックしておきましょう。 一般的にマカオでは英語が通じると言われていますが、大きなカジノリゾートで英語が通じなかった・・・という経験をされている方も少なくないようです。 というのも、マカオのカジノを楽しんでいるのは7割が中国本土からの観光客と言われるほど中国人が多く、それに併せてスタッフも中国語や広東語が得意で、英語はそこまで・・・というのが、現状です。 しかし、「グランドハイアット・マカオホテル」はそのハイソな雰囲気から欧米諸国など中国本土以外からの旅行者が多く利用しており、そのため 英語が堪能なスタッフが非常に多い です。更には 日本語を話せるスタッフも多数 いるそう。

ユーザーに人気の設備・サービス

マカオのカジノ王に君臨するスタンレー・ホー氏の息子ローレンス・ホーがCEOを務めるメルコリゾーツ&エンターテインメント メルコ は年に創立、2年後の年12月には米国ナスダックに上場し2万人以上の社員を掲げる大企業に成長させた後、年6月、マカオの巨大カジノリゾートが集積するコタイ地区に最大級の統合型リゾート施設「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」を開業しました。 マカオに6つしかないカジノ経営権のうち1つを所有する子会社「メルコ・クラウン・リミテッド」は、同リゾートの他にもスタジオ・シティ、アルティラ・マカオ、モカ・クラブマニラ、シティ・オブ・ドリームス・マニラ などの施設運営を行っており、運営する4つ星と5つ星クラスのホテルの総客室数は4,部屋以上、ミシュラン星付レストラン5店運営とマカオで最多となっており、 経営するカジノのゲームテーブルは台以上、スロットマシン台以上所有と巨大なカジノ経営をリードしています。 元々MICE・IR型リゾートに力を注ぐメルコグループは全世界で総従業員数約人を投入し、直近10年間で、フォーブス5つ星、ミシュランアワード、ベストカジノ/IRデザイン、コーポレート・ガバナンスやCSRなどの分野において、国際的な賞を個以上獲得しています。 同グループは国際的な視野から環境対策にも力を入れており、同グループが運営する「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」が受賞した賞は環境関連も含め以下の通りです。 ・~年:アジアエクセレンスアワードのベスト環境責任アワード受賞 ・SGS香港の室内環境品質認証を取得 ・年:マカオ省エネルギーコンテストのホテルグループCカテゴリーで「省エネコンセプト賞」および「優秀賞」受賞 ・年:マカオ国際環境協力フォーラム&エキジビション(MIECF)のグリーンブース賞で、特別エキジビションブース2位を受賞 ・SGS香港のISO温暖化ガス(GHG)排出量の算定および検証を取得 ・年:マカオビジネスアワードの環境パフォーマンスカテゴリーにて優秀賞受賞。

ディスカッション