利回り5.0%!「高配当株ファンド」を自分で作る「ダウの犬」戦略 比較

ゲーム種選定配当の計算方法 – 201321

ダイヤモンド・ザイの巻頭特集は「高配当株 超入門」! 株価が比較的安定しているから株初心者にもおすすめな「高配当株」について、投資の基礎知識から今"買い"のベスト71銘柄まで、詳しく紹介している。

プロでもインデックスには及ばない?もう、株式運用の答えは出ている。

株式投資といえば、一般的には自分が気に入った銘柄(個別株)を売買するというイメージであろう。しかしながら、 売買する個別株を選定するのはかなり難しい 作業なのである。仕手株情報とか証券会社から情報を仕入れるとか、或いは自分がよく知っている会社の株式とか色々な方法があると思われるが、情報の面に関しては他人よりも早く有利な情報を入手することは実際には難しい。

「株価下落」または「増配」で、配当利回りはアップする

当日: 1回目の取引 買付 株価円 1,株 2回目の取引 売却 株価円 1,株 3回目の取引 買付 株価1,円 1,株 4回目の取引 売却 株価1,円 1,株。

基本に返って、高配当株投資!

米国では株主還元を重視した経営方針をとっている企業が多く、株主への利益の還元は配当金で行う企業がほとんどです。 日本企業のように株主優待で還元している企業は極少数で、その代わりに年4回など配当回数が多く、日本企業と比べ配当利回りが高い傾向にあります。 また、何年も継続して増配をしている企業が多数存在しており、中には50年以上も増配を続けている優良企業もあります。 高配当&増配当が、米国株式の配当金の特長といえます。 最も配当利回りの高いAMCエンターテインメント AMC をランキング表の条件で10株買い付けた場合、日本円で7,円の投資になります。 税金などを考慮せず単純計算すると、年間で受け取れる配当金は円、10年間保有すると8,円となり初期投資額を上回る配当金を受け取ることができます。 米国株式は年間の配当回数が多いため、組み合わせ次第では少数銘柄の保有で配当金を毎月受け取ることができます。 例えば、普通株およびADRランキングの上位3銘柄を10株保有した場合、以下のようになります。

ディスカッション