ポンツーン(イギリス式)のルールを解説 比較

ベット戦略イギリス版ブラックジャック – 445674

ギャンブルに縁のない人でも、「ブラックジャック」というゲームの名前を知っている人は多いでしょう。トランプで遊ぶのが好きな人でしたら、それがどんなゲームか知っているかもしれませんね。それほどにブラックジャックは、ギャンブルゲームである以前に純粋なカードゲームとして人々の間に浸透しています。 ほとんど誰もが知っているこのゲームの歴史からひもといていきましょう。

ブラックジャックとの違い

ゲームに慣れてきてライブカジノでプレイをするようになったら、お気に入りの金髪美人ディーラーのいるテーブルに座ってみたり、VIPテーブルでゴージャスな雰囲気を味わいながらプレイしたりといった楽しみ方をするのも良いでしょう。さらに最近での日本人のディーラーと遊べるようにもなりました。こちらの記事を参考にしてみて下さい。『 日本人ディーラーと遊ぶテーブルゲーム 』。 実際にオンラインカジノ「ロイヤルパンダ」の画面を例にして説明を進めます。 ロイヤルパンダのサイト上でブラックジャックを選択すると、上の画像のように12種類のブラックジャックのゲームが表示されます。 さて、一口にオンラインカジノでブラックジャックのプレイを始めるとなった場合、おそらくパソコンの画面上にはいろんな種類のブラックジャックが表示されていることでしょう。 基本的にはオンラインカジノには、実際の人間(ディーラー)を相手に勝負をする、もしくはディーラーがゲームを進行するスタイルの「ライブカジノ」と、一般的なゲーム機でプレイするのと同じようなスタイルでコンピューターが相手となる「テーブルゲーム」の2種類が存在します。 日本にいながら本格的な外国人のディーラーを相手に、本場のカジノさながらのプレイを可能なのがオンラインカジノの醍醐味なので、一般的にはライブカジノのほうが人気があります。 しかしながらデメリットとして、選択肢を強いられるような場面では(賭けるのか、勝負を降りるのか?いくらベットするのか?など)時間制限が存在することがほとんどなので、ルールに慣れるまではテーブルゲームでじっくりと取り組むのも大事でしょう。 また、ブラックジャックがオンラインカジノにあるゲームの中でも断トツで勝ちやすいゲームだと言われる理由の一つが戦略性の高さです。 そういった勝つためのコツなどに関しては別のページで詳しく説明をしますが、慣れないうちはそれを紙に書いたメモや、あるいは別ウィンドウで立ち上げてるブラウザの画面に表示しているような状況も多いでしょう。 そうなると、やはりテーブルゲームのブラックジャックである程度ルールに慣れつつ、基本的な戦略に関しても頭に叩きこんでから、いざライブカジノのブラックジャックで勝負!というのが理想ですよね。 ゲームに慣れてきてライブカジノでプレイをするようになったら、お気に入りの金髪美人ディーラーのいるテーブルに座ってみたり、VIPテーブルでゴージャスな雰囲気を味わいながらプレイしたりといった楽しみ方をするのも良いでしょう。さらに最近での日本人のディーラーと遊べるようにもなりました。こちらの記事を参考にしてみて下さい。『 日本人ディーラーと遊ぶテーブルゲーム 』 また、テーブルゲームよりライブカジノのほうが大きな金額をベットできる場合がほとんどなのも特徴です。 実際にオンラインカジノ「ロイヤルパンダ」の画面を例にして説明を進めます。 ロイヤルパンダのサイト上でブラックジャックを選択すると、上の画像のように12種類のブラックジャックのゲームが表示されます。 でも、この12種類全てが異なる内容のゲーム性かと聞かれればそんなことはありません。 多少のルールの違いはあるものの大体の場合はゲーム制作会社ごとの違いで、サウンドや画面構成などが異なるだけです。ここでは赤い枠で囲っている3つがやや特殊なゲーム性となっています。

【ジパングカジノ研究所 Vol.67】負けても黒字のワンハーフアップ法とベーシックストラテジーでブラックジャック攻略を試みる

ディスカッション