カジノ体験 : 香港発 マカオ観光ツアー - 香港・マカオの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA: ベルトラ ベスト

マカオの初心者向スカイタワーカジノ – 34928

最初は、マカオと中国深センナイトパレード一日観光をリクエストしたのですが曜日の関係でぼつ。マカオ日帰り観光を楽しんできました。  数年前に、ハルピン、北京、西安、桂林の4箇所を巡って中国旅行をしましたが、マカオは完璧に異国。旧ポルトガル領らしい風景が漂っていて気持ちよく観光ができました。(ただ、湿度が高くて閉口しましたけど)  マカオタワーに行きましたけど、私は自称「日本一の高所恐怖症」。結局、上には上らず下の喫茶店でコーヒーを飲んでました。  今、あらためてツアーの内容を確認したら昼食はポルトガル料理だったことに気付き、思い起こしてみたけどやっぱり料理は中華料理でした。(ちなみにポルトガル料理は食べたことがありません。)  昼食後は最大の楽しみにしていたカジノ。一通りカジノの中を見学した後、ジャックポット挑戦。100HK$を投入して数回で中当り?で800HK$。ガイドさんが儲けたところで止めないさいという忠告を無視して、結局最後は、2,200HK$で終了。ジャックポットで勝ったお客さんは見たことないというガイドさんのお勧めの店でアクセサリーを買ってきました。  なんと言っても勝つと最高ですね。また挑戦したくなりました。

GWのマカオでしたが・・・

Altira Macau(アルティラ・マカオ)の最上階に位置する『38 Lounge(38ラウンジ)』は、洗練された雰囲気と、開放的なテラス席が魅力のラウンジです。橋の反対側に広がるマカオ半島の夜景を一望しながら、珍しいスコッチやバーボンが楽しめると幅広い年代から人気を集めています。 マカオの中心に位置し、マカオ随一のオフィスビルAIAタワーの最上階にあるのが、ルーフトップラウンジ『Sky B Bar』です。ちまたでは『Sky 21(天21)』と呼ばれることが多いようですが、厳密に言うとSky21は21階にあるアジアンダイニングの名称で、最上階22階にあるバーは『Sky B Bar』が正式名称です。 こちらのバーからはマカオの絶景が見渡せ、夏場には心地よい夜風を感じながら、極上の1杯を楽しむことができます。ちなみに同じフロアにある『Sky life』はDJブースも併設されたクラブスペースとなっており、地元の若者が集まる人気スポットです。 世界で36軒目、同ブランド内でも最大規模を誇るThe St。

カジノだけじゃない!マカオってこんなとこ!Macau vlog#1《cinematic vlog》

やはり、マカオに来たら、カジノに立ち寄らずにはいきませんね。カジノ初心者の方のためにマカオのカジノの楽しみ方(ルール)をレクチャーします!

中国の特別行政区である中華人民共和国澳門特別行政区(通称マカオ)。面積30平方キロ、人口64万人の小さな地域は、年よりカジノ産業がラスベガスの売り上げを6倍も引き離し、世界ナンバーワンの売り上げを誇ります。マカオ特区政府がカジノ経営権を対外開放したのは年。その後たった5年でラスベガスを抜きさりました。 ちなみにマカオでは、「カジノ入場と就業、賭博の条件規範化規則」に基づき、カジノ入場は21歳未満の入場を禁止としています。カジノ入場者のパスポート検査などを義務づけることはなく、気軽に出入りはできますが、年齢に達していない場合、罰金が課せられますのでご注意を。また、マカオの公用語は中国語とポルトガル語。通貨はパタカ(MOP)と香港ドル(HKD)なので、香港からマカオに行っても香港ドルの通貨を使えます(但しお釣りはパタカです)。 それではマカオを代表する巨大IR施設から、オープンして間もない最新ホテル情報をご紹介しましょう。 埋立地のコタイ地区に広がる豪華絢爛なカジノIR(統合型リゾート)エリア。圧倒されるその光景は、カジノ目的でなくとも、観光で行くのに十分に見ごたえある場所です。 このエリアが開発されてまもなく造られた「ヴェネチアン・マカオ」はラスベガスに本拠地を置くカジノ運営会社ラスベガスサンズグループ傘下のサンズチャイナが開発しました。マカオ国際空港より車で約5分、フェリーターミナルより無料シャトルバスで約10分の場所にある同ホテルはコタイ地区初の大型IRとしてオープン、年には開業10周年を迎えました。 エントランスから圧巻の空間はバロック調をコンセプトにつくられたもの。客室は室あり、どの部屋も70平米以上の広々とした空間。ホテル内には、およそあるブランドショップや25あるレストランとバーがずらりと立ち並びます。 カジノエリアは東京ドーム1個分の広さ。ゲーム機は台あり、テーブル、ポーカーゲームは台あります。ボディチェックがないため、ショッピングしながらカジノを楽しむ人も多く、気軽に出入りできますが、大型カジノIRのテーブルではミニマムベットが高めに設定されているのでご注意を。 バカラの場合だと香港ドル(約14,円)前後などが多いです。アトラクションや娯楽施設が充実、大人から子供まで楽しめる空間が広がっています。 今年2月13日にオープンしたばかりの「MGM COTAI」は、年に開発された「MGM Macau」に続いて2軒目の施設。総事業費34億ドル(約3,億円)を投じて建設されました。ホテル正面には純金24Kの金箔3万2千枚で覆った、高さ11メートル、重さ11トンの巨大なライオン像がお出迎え。 「宝石箱」をイメージし作られた斬新かつユニークな建物は、およそ万平方フィート(約3万平米)の広大な敷地に、カジノ(新規テーブル台数台、スロットマシン台台)、人を収容できる多目的シアター、平米のボールルーム、約室ある客室、高級スパ、ミシュラン星を獲得しているレストランなど5店、ブランドショップが入っています。 さらに施設内には、清朝・紫禁城の絨毯など 点以上の芸術品を所蔵しており、他にもスイートルームにはアンディ・ウォーホルや馬德升など近代アーティストらによる作品が飾られるなど、芸術性の高い空間を中心に作られており、カジノの割合は1割程度です。 新たなデートスポットとしても話題になっているのが総工費約億円をかけ、パリの半分のサイズのエッフェル塔を楽しめる「ザ・パリジャン・マカオ」。ラスベガスサンズグループ傘下、サンズチャイナ社が開発しました。「ウィン・パレス」に続き、年9月にオープン。マカオにいながらもパリの気分を味わえるもので、美しい光を放つエッフェル塔のレプリカの前で記念撮影をするカップルが多く、今話題のデートスポットでもあります。 施設内には、約室の客室、約2万平方メートルにもおよぶショッピングモール「ショップス・アット・パリジャン」、席の劇場、店舗のショップ、レストラン、シアター、カジノ(台のカジノテーブル、スロットマシン台、ゲーム:バカラ、シックボー、ブラックジャックなど)が楽しめます。

2. Sky B Bar @AIA Tower

ログイン | マイナビ(予約確認) マイナビ。 やはり、マカオに来たら、カジノに立ち寄らずにはいきませんね。カジノ初心者の方のためにマカオのカジノの楽しみ方(ルール)をレクチャーします! こんにちは、マカオナビです。マカオといえば、やはりカジノ。マカオには年末現在、33のカジノがあり、その収入はラスベガスを抜いて世界一となったというニュースを聞いた方も多いでしょう。やはり、マカオに来たら、カジノに立ち寄らずにはいきませんね。でも言葉も通じないし、ゲームのやり方もわからないのでちょっと不安という、カジノ初心者の方のためにマカオのカジノの楽しみ方をレクチャーしましょう。 グランドリスボアのカスタマーサービス。ここでメンバーカードが作れます。 街中を走っているカジノのシャトルバス。 賭け方と配当 テーブルに書いてある数字は、席番号です。座った目の前にある番号のところに賭け続けましょう。 1.バンカーに賭ける。配当1倍(コミッション5%をディーラーに支払う) 2.プレイヤーに賭ける。配当1倍 3.バンカーのカードが置かれる場所。 4.プレイヤーのカードが置かれる場所。 5.引き分けと思ったらここに賭けます。配当8倍 6.バンカーの最初の2枚のカードがペア(同じ数字)になることを予想。配当11倍 7.プレイヤーの最初の2枚のカードがペア(同じ数字)になることを予想。配当11倍。

ディスカッション