ときの ブログ記事一覧 ベスト

ミニゲームルーレットで赤黒勝負 – 918317

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。 今回は パイザカジノで遊べるルーレット について解説していきます!

ワンダリーノ 最新のゲームエクスペリエンス

特定取引情報 ルーレット1点張りの極意 一 極 法。 今までルーレットのベッティングシステムはアウトサイド(赤黒、コラムなど)ばかり研究してきた。 インサイドは確率が悪く、始めから無理だと無視していたのである。 それが、あるときライブのネットカジノで、インサイド専門の張り方を見て、このような賭け方もあるのかと目が覚めた。 それはフラワーベットに近い方法で、インサイドに10点近くも張り、それが不思議なほどよく当っていた。 右図がフラワーベットで、23を中心にして花のようにベッドする。 中心の23に当れば144倍の高配当。 23以外の19~27に当っても必ず利益となる。 表を見て分かることは200回以上のハマリは少ないが、100回以上はかなり頻繁に出現する。 さすがに300回以上は1回のみで、どうやら 最大のハマリは300回転台と思われる。 100回以上のハマリが連続して出現することがあり、また、連続の後に1~2回の間をおいてまた100回以上のハマリとなるなど、通常のベッティングシステムでこれを攻略するのはかなり難しい。 特に1回の当りで、それまでの損出をカバーする方法では危険が大きく、いつか必ず破綻する。 このルーレット一極法は上記のようなハマリを回避し、必ず訪れる当りの集中帯にて資金を増加させる方法である。 ルーレットで勝つコツはハマリを見極め、連続して当る番号を見つけることが最重要と言える。 パチンコではハマリ台を打つのは厳禁である。 1000回以上も当っていないと、もうそろそろ来るのではと打っても、ほとんど損となる。 たとえ当ったとしても、単発で終り飲み込まれてしまう。 表では12番がそれに相当する。 100回以上のハマリが4回、200回以上が3回も出ている。 このような番号をもう来るだろうと意地を張って粘ると、最悪の結果になる。 「当たり台を追え」 はパチンコだけではなく、ルーレットでも同じである。 確率的に考えると大ハマリを追うのが論理的に思えるが、ギャンブルではそれが傷口を深めることになる。 連続当りの集中地帯 ル-レットを長く続けていると、途中で頻繁に同じ番号が続けて出ることがある。 下図では0が続けて出ている。3回連続も意外と多い。 ルーレット一極法ではこのような連続局面で威力を発揮する。

オンラインカジノランキング

こんにちは!ベスカジ編集部の華麗夏恋です。 今回は、 カジノジャンボリーのルーレット について紹介していきます。 カジノジャンボリーでは、 ライブカジノとテーブルゲーム でルーレットをプレイすることができます。ルーレット全体の ベットレートは0。 なお、 ベスカジ編集部で厳選したオンラインカジノランキング では第16位 にランクインしております。

カジノルーレットの種類 – ダブルゼロルーレット(アメリカンルーレット)

一般的に カジノで遊ばれているルーレット にはホイールの異なる2つの種類があり、それぞれダブルゼロルーレットとシングルゼロルーレットと呼ばれています。カジノ ルーレット 勝ち方も少し異なります。 前者はアメリカンルーレットとも言われますが、後者はさらにヨーロピアンルーレットとフレンチルーレットとに細分化されます。 ここではこれらのルーレットに、さらにミニルーレットという種類も加えて、より詳細にその違いを比較してみます。 アメリカで改良されたため、アメリカンタイプと一般的には言われますが、じつは ヨーロピアンタイプ (シングルゼロルーレット)よりも歴史は古く、古典的なルーレットであるとも言われているのがダブルゼロホイールのルーレットです。 ダブルゼロルーレットでは、「1」~「36」までの各マスと「0」、「00」で合計 38 のマス目があります。このうち、「0」と「00」はどちらもそのマスに賭けてない限りカジノの総取りになる、いわゆるハズレ目です。 とはいえ、 ランドカジノでも同じフロアにダブルゼロとシングルゼロ、両方のルーレットタイプを備えていることも珍しくはないので、どちらも併存 しているというのが現状です 。

ディスカッション