ポーカーファン必見!【モリーズ・ゲーム】5月公開 ベスト

日本向けモリーズゲームカジノ – 809944

監督:アーロン・ソーキン 出演:ジェシカ・チャステイン、 イドリス・エルバ、ケヴィン・コスナー、 マイケル・セラetc。

莫大な情報量と早口のセリフ、でも判り易いので大丈夫!

今回、紹介する映画 『モリーズ・ゲーム』 は年に公開された作品です。 26歳の女性がセレブだけの高額ポーカー経営者になるという実話を元にした映画になります。 まだ本作品をご覧になってない人やカジノ映画を探している人が 「これは観てみたい!」 と思ってもらえることを心がけて紹介していきますので少しで最後までお付き合いしていただけたら嬉しいです。 モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルーム。 彼女は冬季オリンピックの出場選考となる大会にエントリーするも、不運なアクデントで怪我を負い、アスリート人生を諦めることになります。 モリーはハーバード大学へ進学するまでの約1年を、単身ロサンゼルスに行くことを決めます。 バーでウエイトレスとして働きながら、気ままに過ごすモリーでしたが、ある日、店で楽しんでいた客が彼女の才覚を見抜き、「俺のところで働け」とスカウトをされます。 その後、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれます。 そこではハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者たちが集い、法外な賭け金でポーカーに講じていました。 そこでも頭の良いモリーは、著名人たちに信頼を受けながら才覚を発揮していきます。 しかし、ある日、それを面白く思わない横暴な態度を見せていたボスから、解雇を言い渡されてしまいます。 そのことに不満を持ったモリーは、すぐに次の一手に取り掛かります。 モリーは自身の才覚のみで26歳にして自分のゲームルームをホテルの一室に開設しました。 しかし、10年後、突如踏み込んできたFBIによって逮捕されてしまいます。 モリーから弁護を依頼を受けたを弁護士チャリー・ジャフィーは、はじめはモリーの弁護することを拒みます。 しかし、彼女と打合せを重ねるうちに、世間を騒がすタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが…。 最近はジェシカ・チャステインにはまってる 知的で聡明な役が多くどこか儚げだけど力強い モリーズゲーム、ゼロダークサーティ、女神の見えざる手、インターステラーは特別に好きな映画 是非おすすめしたい。

この映画の見どころ!

以前、【 ポーカー好きのセレブ10人 】の記事を書いたときに少し触れましたが、実在の人物「モリー・ブルーム」という女性が違法高額掛け金のポーカールームを経営していたんですよ。 そんなモリー・ブルームの 栄光と転落人生 を描いたのが【モリーズ・ゲーム】なのですよ。 不幸はソルトレイクシティ五輪の出場資格を得るための大会で起こります。試合中に重傷を負ってしまい、スキー 選手としての道を諦めざるを得なく なってしまったのです。 そこでモリーはポーカーを学び、チップを賭けさせるテクニック、客のおだて方も習得。年にモリーは自身でポーカートーナメントをホストするイベント会社、Molly Bloom Inc。

カジノファンも映画ファンも楽しめる衝撃の実話。セレブ御用達のポーカー賭博場を作った若い女性がいた。

劇場公開日 年5月11日。 採点するには ログイン が必要です。

入賞近辺の大激闘!5位から3位確定まで【Masters 2017 S-1】#06 Poker Tournament in Shibuya Japan

ディスカッション