【マカオカジノ情報】シティ・オブ・ドリームズ・マカオの特徴を徹底調査してみた ベスト

ブラックジャックの遊び方グランドハイアットマカオカジノ – 58287

現金キャッシュバックにはスロットだけじゃなく、生中継で美女ディーラーと勝負する、ライブディーラーも含まれている 為、バカラ、ブラックジャック、ルーレット等のディーラーと勝負するゲームをプレイしたい方やVIPにも人気急上昇中!

マカオカジノのルール&遊び方

マカオのカジノ王に君臨するスタンレー・ホー氏の息子ローレンス・ホーがCEOを務めるメルコリゾーツ&エンターテインメント メルコ は年に創立、2年後の年12月には米国ナスダックに上場し2万人以上の社員を掲げる大企業に成長させた後、年6月、マカオの巨大カジノリゾートが集積するコタイ地区に最大級の統合型リゾート施設「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」を開業しました。

バナー・ベラジョンカジノ

日本から気軽にカジノ旅できる国として人気の 「マカオ」 初めての海外旅行で心配なのは、日本語が通じないこと。マカオで日本語や英語対応ができるスタッフが充実しているカジノホテル「グランドハイアット・マカオホテル」を紹介します! 世界レベルの水上ショーも楽しめる高級ホテルを、ぜひチェックしておきましょう。 一般的にマカオでは英語が通じると言われていますが、大きなカジノリゾートで英語が通じなかった・・・という経験をされている方も少なくないようです。 というのも、マカオのカジノを楽しんでいるのは7割が中国本土からの観光客と言われるほど中国人が多く、それに併せてスタッフも中国語や広東語が得意で、英語はそこまで・・・というのが、現状です。 しかし、「グランドハイアット・マカオホテル」はそのハイソな雰囲気から欧米諸国など中国本土以外からの旅行者が多く利用しており、そのため 英語が堪能なスタッフが非常に多い です。更には 日本語を話せるスタッフも多数 いるそう。 中には 日本人マネージャーもいる そうですので、 日本人に優しいホテル といえます。 言語に不安を覚えている方もこちらのホテルなら安心ですね。

BJのBS表について

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。 コタイエリアはマカオの2つの離島・タイパ島とコロアネ島の間に出来た埋め立て地。以前はマカオ内の人口密度の高さを解消するために埋め立てられた住宅地でしたが、多くのカジノやリゾートホテルが建設された影響で、 現在は人気の観光地 になりました。 マカオのカジノ王 こと スタンレー・ホーが年に建設したカジノホテル です。 マカオのランドマーク的存在のホテルは高さmの52階建て! 蓮をイメージしたと言われる華やかなホテルの外観も印象的ですよね。

ディスカッション