マカオの通貨・お得な両替方法は?物価などマカオのお金事情を徹底解剖! ベスト

マカオでの両替バヌアツカジノ – 108504

海外旅行用の 最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行している エポスカード で私自身もそう思います。

日本からマカオへは?

こんにちは。 Compathy Magazine ライターのcucciolaです。 旅行、留学、出張。理由はさまざまあれど、海外に赴くことが珍しくない時代になりました。 しかし、毎回頭が痛いのがお金の問題です。クレジットカードがどこでも使える昨今ですが、最低限の現金も携帯していなくては不安です。海外のATMでキャッシングしてトラブルはないのか、外貨への両替・換金の手数料は場所によって変わるのか、などなど心配は尽きません。 クレジットカードを所持すると、海外渡航中に発生するトラブルに対応をしてくれる「保険」が付帯していることも多いため、海外に赴く際にはパスポートと双璧をなす必需品として準備が欠かせません。 「お金」の管理方法に合わせて、「 プリペイドカード 」や「 デビットカード 」を持参する例もあります。 キャッシュレス大国とも言われている アメリカ合衆国 。 日本で生活をしていれば、現金主義ということでクレジットカードを所持していないという方も少なからずいます。しかしアメリカでは、現金を持ち歩くことのほうが稀とも言われるほどにクレジットカードの普及率がとても高い国と言えます。スーパーやドラックストアなどのお店をはじめ、立ち寄ったお店ではクレジットカードが使用できることがほとんどです。

マカオの旅行ガイド情報

この記事の目次 表示。 朝晩は気温が下がるので、スプリングコートや薄手のジャケットなどもあれば安心ですね。出発前には、マカオの天気予報サイト 澳門地球物理・氣象局 をチェックしましょう。 tripnote アジア観光 マカオ観光 記事 人気のマカオ!旅行前に読みたい基本情報&ベストシーズンは? マカオ観光 世界最大のカジノ都市の豪華すぎるカジノが話題。 人気のマカオ!旅行前に読みたい基本情報&ベストシーズンは? 取材・写真・文: Olive 福島在住 訪問エリア:18ヶ国 年1月30日更新。

マカオの通貨は「パタカ: MOP・アヴォス: Avos」

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 華やかなカジノと30もある世界遺産で魅力を放つマカオ。以前は香港からの日帰り旅行で訪れるような場所でしたが、日本からの直行便や個性的な大型リゾートの出現によって、マカオのみの滞在を目的とした旅行者も増えつつあります。 東西の文化がミックスされたマカオでは香港ドルが使えるなどちょっと不思議なお金事情が。今回はマカオでおすすめの両替方法や実際に香港ドルはどのくらい流通しているのかなどをご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)。 続いて日本円からパタカへ両替できる場所をざっとご紹介。 ・マカオの空港 ・マカオのフェリーターミナル ・マカオの銀行 ・マカオの街の両替所 ・カジノ ・ホテル パタカは基本的にマカオでしか両替ができません。両替の手数料はレートに含まれていることがほとんど。1円でよりたくさんのパタカを買えるところが「レートがいい」ということになります。 では上記のなかでお得に両替できる場所は… 「マカオの銀行」です。 空港やフェリーターミナルよりもお得に両替できるのがマカオの銀行。なかでも中国銀行や大豊銀行が比較的レートがよいと言われています。 ただ、銀行は平日のみで営業時間も短いという制限が。空港到着が遅い時間だったり、土日を含んだ旅行日程だったりする場合は、銀行での両替はほぼ不可能に近いですね。 銀行に次いでレートがよく、いつでも両替所できる所となると、それは「カジノの両替所」。老舗のリスボア、コタイ地区のギャラクシーやパリジャンなど、大型リゾートには必ずあるカジノは24時間営業。到着便が夜遅くても初日にパタカを手に入れられます。 ホテルに来るまでの交通費が気になるところですが、玄関口であるマカオ空港やフェリーターミナルからは主要ホテル行きの無料シャトルバスが常時運行。とりあえずホテルまでは現金を使わずに来ることができます。シャトルバスがないホテルに宿泊の際は、空港かフェリーターミナルでタクシー代分だけ少し両替して、残りはカジノで行うという方法がよいでしょう。

海外に現金をいくら持っていく?渡航先・期間別の現金準備

まず最初にマカオの通貨は中国元や香港ドルではなく、独自の通貨「 パタカ(MOP)とアボス(Avos) 」が 正式な通貨 となっています。 マカオ島内では香港ドルも流通 しており、 パタカ同様に利用可能 です。香港とマカオをセットで訪れる場合は、わざわざ香港ドルをパタカに両替する必要はありません。 ただし、香港ドルで支払いをしても、おつりはパタカで返ってくることも。パタカはマカオ島内以外では利用できず、また日本円に再両替することもできません。パタカが残ると困る!という方は クレジットカードを上手く活用 してマカオ旅行を楽しみましょう! マカオの紙幣はMOP、MOP、MOP、MOP50、MOP20、MOP10の6種類。MOP(約13万)は、高額紙幣なのであまり見ることはないですが、 紙幣は色で覚えると簡単 です。

ディスカッション